アレルギーの薬の副作用が効きすぎて眠すぎるときの解決策

広告


最近は花粉症の季節で、くしゃみや鼻水が止まらない人も多いことと思います。私はアレルギー性鼻炎で一年中苦労しています。鼻水が出ない日のほうが少ないかも。

そんな私が長い間、お世話になっているのがオロパタジンとアレロックです。
この薬は、私の炎症おこしまくりの鼻に効果はバツグンなのだけれど。
副作用も強烈。とにかく眠い&だるい。
高校生のときに宿題をやる前に服用したら、30分後には教科書を持ちながらうとうとするし、
出先で服用したら、歩きながら「眠い。眠たくて頭おかしくなりそう」って言っている状態でした。(実際に眠すぎてぶっ倒れそうなんですよ。)

この副作用を利用して、夜行バスに乗る前に飲んでいい感じに爆睡したりと鼻炎以外にもかなりお世話になっていますが、
あまりにも眠気が強いので、会社員の今は仕事に差し支えてしまうことを考えて薬が飲めません。
そのため、めちゃくちゃ鼻水をかみながら仕事をしたこともありました。

弱い薬に変えてもらうのは、何回も試していて、
今の薬→弱い薬(アレグラだった気がする)→今の薬→弱い薬…っていうのを3回くらい繰り返した過去もあり。
しかし、弱い薬は全然効かずでした。
私が服用しているオロパタジンとアレロックは、お世話になっている耳鼻科で処方する4種類のアレルギー性鼻炎の薬のうち2番目に強いものらしい。。。1番強力な薬ってどれくらい強いんだ。気になる。。

しかし、、、、最近は、いい感じの解決方法が見つかった。そ、れ、は、、、
錠剤を半分にして服用すること!!!
これで、眠気やだるさといった副作用を感じずに症状を抑えることができた。
あんまり症状が出てないけど予防に飲んどくかってときは、四分の一にして飲むこともあります。
今はいい感じなので、これをしばらく続けてみるつもり。
花粉症の時期は↓みたいな袋に細かくした錠剤を入れていつも持ち歩いています。




広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です