立ち仕事で足が痛すぎる人が試すべきこと

広告

今ではレジバイトを普通にこなしていますが、はじめたばかりのころは夕方になると足が痛くて痛くてたまりませんでした。
本当に拷問を受けてるかのごとく痛かった…。

足の痛みを全く感じさせないような態度で「いらっしゃいませー」と笑顔で接客する…。
レジバイトって大変な仕事やで。

同じようなことで悩んでいる方のためにも、自分が足の痛みを軽減するために試したことについて書いておこうと思います。

◯どのような痛みか
脚ではなく足が痛かったですね。つま先のあたりをぎゅーーっと潰されているような痛み。
朝は、全く痛いないので靴が合ってないわけではなさそう…
おそらく、むくみで足が大きくなって足先が窮屈になっているのではと予想して色々試すことに…

◯痛みを軽減するために試したこと
・靴を変える
・靴に中敷きを敷く
・ストッキングを変える

とにかくぶかぶかの靴を買えばむくみで足が大きくなっても平気じゃろうと靴を買い換える。
靴屋のお姉さんからアドバイスを貰い、幅広の仕事用パンプスを購入!
朝はぶっかぶかの靴でぱっかぱっかせさながら通勤をする…そして夕方…
普通に痛い!めっちゃ痛い!
前の靴より幅広でぶかぶかの靴を選んだのになぜか前より痛みが増している。

そして次に試したのが中敷きを敷くということだ。
「足が痛くなる」ということを靴屋のお姉さんに告げると、「中敷きを入れてみるといいかもしれませんね」とアドバイスを頂く。素直に600円多めに払って中敷き買ってしまう私であった。
試してみると、
痛い!前より痛い!今までで一番痛い!
靴が中敷きの分、狭くなったので足がマックス痛いのである。愚かなことに私は600円払って苦痛を買っていたのだ。

最後に試したのが、着圧ストッキング。
むくみが原因なら最初からむくみ関連のものに手を出しておくべきだったなと後悔。
近所の薬局で千円!(ストッキングに千円ですよ!?信じられます!?)で購入する。
確か、メディキュットだったかスリムウォークだったかのストッキングである。
スカートが中途半端な丈だったのでショート丈が買えずにパンティストッキングを買う羽目になった。


しかし、これが一発で効いてしまった。
今までの夕方の足への拷問タイムは、着圧ストッキングを使用した瞬間に消え去ったのだ。

私は、靴→中敷き→ストッキングと変更してみたが、ストッキングを変えることが解決策となりましたね。
足の痛みに悩んでいるみなさんにもぜひぜひ試していただきたいです。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です