みなし残業制度って給料を高く見せるためにやってるようにしか思えない

広告

暇なので就活を思い返して色々と書きます。この記事以外にも色々書くことになるでしょう。
私の就活は、そんなに熱心にしなかったので会社の説明会も10社くらいにしか参加しなかった。
その中で「みなし残業」という単語を聞いたのは2社だけでした。

みなさんご存知だと思いますが、一応みなし残業について説明。
みなし残業とは、残業代が給与に予め含まれているということです。
みなし残業40時間分だったら、40時間分の残業代が給与に含まれているということ。そのため、月の残業代が40時間未満であれば給与以上のお金は貰えません。
でも、残業が無ければ、本来40時間残業しなければ得ることが出来ない分の賃金を貰えるのだ!最高♡…なのか?



1社目は、小さめのIT系の会社でした。
パワポを印刷した資料を配られ、説明を聞くこと一時間…。質疑応答へ。
まぁ、普通の流れである。(私は質疑応答で質問できたことが無いタイプのダメ就活生です。)

皆が質問していたら、男子大学生の一人が「残業は多いですか?また、残業代は支払われますか?」と質問。
すると、人事のお姉さんが「あー。資料には書いてなかったけどみなし残業制で…。40時間分の残業代が給与に入ってます。残業は大体20〜30時間くらいかなー」やと!

それ聞いて吃驚仰天ですよ。
資料には、給与が修士卒で23万という割りとまともそうな金額と
時間外手当支給と書いてあったのだ。
普通の人はこれを見ると23万と残業代が出るのね!と思うことだろう。

しかし、みなし残業制ってことは、この23万って40時間分の残業代込みなんだ!?
この男子大学生が質問してなかったら、知ることが出来なかったわけですよ…。恐ろしや…。
こんなの詐欺だろ!?

だって、9時から18時までで修士卒で23万だとほーん。まぁいいんではと思うけど。
残業40時間分込みってことは毎日2時間残業してもこの給与か!?9時から20時まで働いてこんだけか!?
そしてさらに思ったのが、残業代なかったらいくらやねん。基本給なんぼなんや。20万円切るんでは…。

この後にも、彼は二つほど質問しており、全部待遇面の話だったので「この人勇気あるなぁ!」と思っていた。
しかし、彼が質問しなければ、みなし残業を導入していることを我々就活生は知ることが出来なかったのです。
こういう質問って大切なのだなと痛感。
でも、質問する勇気は私にはありませんでした。

2社目は、大きめのSIer。
説明会で「みなし残業導入してます!でも、うちの会社は平均残業時間20時間以下です!」と
社員のメリットになっていると堂々とアピール。
確か給与は修士卒で28.5万円とかで30時間分のみなし残業代が含まれている感じ…。

みなし残業って一般的にマイナスなイメージがあるから、説明会で自ら言ってくれるのはありがたい話ですねぇ。
そして、1つ目の会社の説明会ではみなし残業だと自ら言わなかったなと思い返す。
やはり何か後ろめたい理由があるのかな?と疑ってしまうのが普通だろう。

就活していて「あれ!?新卒なのに給料高くない!?」って思ったら大抵みなし残業制度を導入していると思ったほうがいい。
でも、一つ目の会社みたいに23万とかでみなし残業を導入しているという糞みたいな事例もあります。給与を高く見せるためにやっているように感じますよね…。ファック。

みなさん、ダマされないように…。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です