メーカーでのインターンの話ー選考編ー

広告

去年の夏に数週間ほど
とあるメーカーの開発系の部署のインターンに数週間参加させて頂いた。
誰かのために記録を書いておく。

大手メーカーでは、大体部署ごとにインターン生を採っているようです。
また、私が行った会社はインターン生の選考に関しては
人事の人たちは一切関わらず、その部署の人たちの独断で決めているっぽい…。



◯会社選び
「研究室の先輩が就職した会社から選ぶかぁ」と先輩達の就職先一覧を順番に見ていき、
インターンを行っていたら申し込むことに決定!
なんと名簿の一番最初の先輩が行った会社はインターンを実施していたので
まずはその会社から申し込んでみることに…。

◯エントリーシートを書く
たしか、項目は2つあったように思う。
1つ目は、プロジェクトを選んだ理由。
2つ目は、インターンに参加して何を学びたいか。
それぞれ400〜600文字くらいだった気がする…
推敲し過ぎて長時間かかった。
土日丸々かかって締め切りの5分前に投稿する。

◯面接当日〜面接前〜
7月某日…。大阪から東京まで面接のために呼ばれる。
新幹線代を出してくれた太っ腹な会社に感謝である☆
初めての東京で迷子になりながらも、なんとか会社のビルまでたどり着く。

綺麗なお姉さんに案内され待合室に入ると、
就活生!みたいな人が部屋にいっぱいいるのであった。
「げっ!?みんな同じ部署希望なのか!?マイナーそうな部署を選んだのに!!!」と
思いながらも一番端の席に座った。

待ち時間に横の人と世間話をせいとおっしゃるので、
コミュ障なりに頑張って横の男子大学生に話しかけたのだった。

その人は開発系の部署ではなく、SE職のインターンの希望なんだとか…。
そんなこんなでぼーっとしていると面接に呼ばれてしまう!

◯そして面接
面接官は三人だった。
一人はおそらく部署の代表のおじさん、二人目は30代くらいの若手(?)社員、三人目は中堅(?)社員。

面接の質問内容自体は、おそらく公開しないほうがいいのでここにははっきりとは書かないでおく…
一部屋で複数の部署の面接を行っていたため、
自分の面接官の声より後ろにいる別の部署の面接官の声がよく聞こえるという謎の状態であった。
後ろではオブジェクト指向の話をしているのがよく聞こえたりしていたけど、
私のところでは技術的な質問などは一切なかった。

なぜこの会社を選んだか
なぜこの部署でインターンがしたいのか
っていうのはしつこく聞かれたので分かりやすく答えられるようにしておいたほうがいい。

終わった時に深々と頭を下げられ「これからも◯◯をよろしくお願いいたします」と言われたので
「あ!!!これ落ちたフラグか!」と思って終わったのだった。
その後はどこにも寄らず、ふらふらと大阪に戻ったのであった。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です