面接失敗後に燃え尽きて何もできなくなってしまった後悔

広告


私の話ですが、面接後に燃え尽きて何もできなくなってしまったことがあります。
理系で文系の就活生よりは、就活が楽だったかもしれませんが、バイト・勉学・研究・趣味と何一つ頑張ってこれなかったので就活で勝ち上がるのはとても大変なことでした。


そんな私がやっとこさ最終面接までこぎつけたにも関わらず、大失敗してしまい、(この面接についてはここで語っているのですが)何も手につかずに燃え尽きてしまい、ほとんど寝たきりという状態になっていました。

今になって思うのは、面接のあとに予定をぎっしり詰めたほうがよかったってことです。就活で行く気のない企業の説明会に行ったり、エントリーシートを送ったりする人を不思議に思っていましたが、彼らは正しかったと今になっては思います!

面接後燃え尽き症候群になったとしても、その後の就活の予定があれば、引きずる時間は少なく、気持ちの切り替えも早くなったでしょう。
もし、面接失敗したあとに暇だったら、ずーーっと失敗を引きずります。
就活の予定でなくてもいいので、遊びの予定でもつっこんでおいたほうがまだましです。何も予定がないというのが、一番最悪です。

みなさん、できるだけ就活の間は予定をたくさん詰めて、失敗を引きずりすぎないように気を付けてください。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です