食事中のスマホをやめたら良いことがたくさんあった

広告

恥ずかしいことに、私は食事中にでもスマホを触る癖があった。一人で食べているときなんかは、特にそう。
そこで、食事中のスマホをやめてみた。すると、いいことがたくさんあった。
具体的に言うと以下の様な効果
・食事時間の短縮
・食材に対して色々気付くようになった
・ダイエット効果

・食べてる時の姿が美しくなった(多分)

 


・食事時間の短縮

私が、なぜ食事中のながらスマホをやめることを思い立ったのかというと、食事時間が長すぎてなんとか短縮できないだろうかと考えたからである。食べながらスマホを触りだした理由としては、(´~`)モグモグしている間が暇で、テレビもつまんないし、スマホでも触るかという感じで食べながらネットサーフィンをしだしたのだが、食事時間が長くかかってしまいましたね。飲み込んだ後に、スマホのほうを触ってて次の一口になかなか進まないといったことが起こるのである。

・食材に対して色々気付くようになった

料理を最近になってするようになったが、食事のときに食べた食材を次に自分が料理するときに使ってみようとかこの食材が旬なんだなぁとか、ながらスマホをしていたら気づきにくいようなことに気付けるし、以前よりも食事自体を楽しめるようになった。

・ダイエット効果

スマホを触りながら食べていると噛む回数が少なくなってしまう。それで満足感が得られなくて食べる量が普段より増える。スマホをやめて食べることに集中すると、噛む回数を増やすことを意識して行い易いので食べる量が少なくても満足感が得られてダイエットになる。たくさん噛むことは、ダイエットだけじゃなくて消化の負担が減って臓器にもいいし、損することは一つもない。どんどん噛もう。

・食べている時の姿が美しくなった

大学の食堂でもラーメン屋でも一人で食べている人でスマホをさわっている人をよく見かける。みんな食べてる時に暇なのが嫌なのだろう。でも、ながらで食べている人と食べていることだけに集中している人だったら、端から見て後者のほうが絶対好印象だ。

食べながらスマホで調べものなりラインなりしているが、そんなに急いでやる必要のあることなのだろうか。
食事中のスマホをやめてみると、いいことばかりだったのでこれからも継続するつもり。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です