ヒトコワ 感想

広告


映画「ヒトコワ」を見ましたので感想を書いておこうかなと思います。
トリハダを見て、人が怖い系の映画を見たくなり、アマゾンプライムで視聴。

全体的ににトリハダより、展開も演出もイマイチなんだけど、「自分の名前を検索してみたら」はめちゃくちゃ怖かった。

個別に感想を述べていこう。

1話目:「知ってはいけない友達の秘密」
主人公が友達の部屋へ行くが、友人はなんだか元気がない。
しかし、なんやかんやで二人で友だちの部屋で飲むことに。
友達が酒を買うために出かけてしまい、うっかり怪しい封筒を見つけてしまう主人公。

浮気調査の書類を見つける。友人の彼氏が誰か女性と会っているような写真が次々と出て来る。
最後の写真には、浮気相手の女性の顔がしっかりうつっており、それはまさしく主人公なのであった。
「!?」という感じで驚く主人公。

いやいやいや、お前か〜い!何驚いてるねーん!
とこっちがつっこんでしまいたくなる。

その後、彼氏の死体を主人公は見つけ、友人が帰ってくる…
その手には、お酒ではなく、人を切断するような道具ばかりが入った袋を持っていた。

にしても、友達の彼氏と浮気して、
その友達の部屋へ行き、「元気ないね。彼氏となにかあったの?」と言って
平然と二人で飲んでいる主人公は、恐ろしすぎる女である。
どんな神経してるんだ。
人間が怖いという話より、女が怖いという話であった。

2話目:「送り◯チガイ」
今度は、JKが主人公。
主人公は、気になっていたイケメンとメールアドレスを交換してうきうき。
ある日、イケメンとデートの約束をするが、待てども待てどもイケメンは来ない。
イケメンに電話してみると、メールアドレスは間違っていたらしい。
今までやりとりしていたのは!?怖くなって待ち合わせ場所から離れるが、
主人公は誰かにつけられており…という話。

つけられてるのに、そのまま家にかえるやつがおるか!
せめてめっちゃ遠回りして絶対に撒いたという自信があるまで帰るべきじゃないだろう。
追っかけられて怖いから家に走って帰りたくなる気持ちも分かるけど、家の場所割れるじゃないですか。
そして、主人公の家になぜか侵入できる殺人鬼。
主人公が風呂を上がるまで待ってるし、なぜか兄のふりをして友達からの電話の応対もしてくれる。
意外と紳士なのだろうか。
この話は、不用心な行動をする人間が怖いという話であった。

3話目:「親の顔が見たい」
またもJKが主人公。
学校に行くためにマンションから出ると、ゴミが上から振ってくる。
主人公が上を見ると子供がニヤニヤしながら身を乗り出している。最近引っ越してきた上の階の部屋の子供がゴミを落としたようだ。
主人公は注意するが、子供に言い返される。
学校での授業が終わり、主人公は友人を自分の家に招き、勉強する。ふと朝のことを思い出して友達に話すと、友達がベランダに出ていって…という話。

上の階の住人の顔がとにかく怖い。
人の家を下から覗き込むのはやめよう。

4話目:「自分の名前を検索してみたら」
タイトルまんまの話、主人公が自分の名前を動画で検索すると、気味の悪い動画を見つけてしまう。
その動画をよく見ると…という話。

こわすぎる。めっちゃ気持ち悪い。すっごい不快感。
この変態動画のセンスだけはマジですごい。ああいう変態って本当にいそうだからだ。
さすがに、部屋の中に侵入まではしないだろうが、
変態が下着を盗んで変態が自分の家でああいうことをやっているのって普通にあると思う。

他の話みたいな殺人をするサイコパスは、なかなかお目にかかれないだろうが
変態なんて表に出てこないだけでたくさんいると私は思っている。
だから、この話は現実味があってとても気持ち悪い。
男性だったら、この話を見て笑うかもしれないけど、女性からしたら超気持ち悪いぞ。

5話目:「あの世からの電話」
喫茶店で会った偶然昔の知り合いに会った主人公。
知り合いは、昔の信じられないような出来事について語る。死者から電話がかかってきて死体の場所を教えてもらったというのだ。知り合いはさらに…という話。

この話はなぜか幽霊的な話が入っているのである。
「ヒトコワ」というタイトルの人が怖い話なのに
霊的な話が混ざっていて怖いと思った。






数千の映画・ドラマ・アニメどこでも見放題。

hulu

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です