嫌なことを忘れる方法。嫌なことを思い出してしまう場合の対処法。

広告


嫌なことを思い出してしまう…、忘れたいって人、多いですよね。

別にそのことに関係する何かが起きたわけでもないのに、 何の脈絡もなく昔のことを思い出したりする…。
私も苦しんでいるのですが、3つのことを最近意識して生活しています。
そうすると、昔の嫌だったことを思い出すことが減ってあまり苦しまなくなりました。

1.とにかく忙しくする
昔のことを思い出すのってやっぱり暇だからだと思うんですよね。
もし、仕事がせっぱつまっている最中に仕事のことを思い出したりしませんよね?
多分、仕事が暇なときとか、家に帰って何もやることないな。っていうときに昔のことを思い出してしまうのではないですか?

だから、嫌なことを忘れる方法で一番大切なことは、とにかく自分の生活を充実させて忘れることです。
そうすると、嫌なことを思い出す時間が減って、だんだん嫌なことを忘れていきます。
部屋で全然やることがなければ、家事でもいいです。
とにかく手を動かして忙しくしてください。


2.とにかく楽しく過ごす
皆さん、今楽しいですか?
楽しかったら今に集中しましょう。
わざわざ昔のことに意識を向けることはありません。
自分の楽しいことのために時間を使ってみてください。
人生は、自分の楽しい時間を増やすゲームだと思ってください。
それだと、堕落するかもって?それだったら次の項目を見てください。


3.とにかく向上心を持って過ごす
将来に意識が向いていたら、昔のことなんて思い出すことが少なくなるはずです。
勉強・運動・趣味…なんでもいいです。将来のことを思って行動してください。
嫌なこと・嫌な奴を思い出したとしても、今あなたのしていることが将来のためになることなら「いかんいかん。今やってることに集中せねば!」と思い直しやすいでしょう。
また、いやなことを思い出して「あんな思いしたくない!」と思って、さらに努力できたらとてもいいですね。




私は、昔のことを思い出すのは、時間の無駄だと思っています。
思い出していい気持ちになるなら、まだいいのですが、辛いことや嫌なことは思い出したところであなたが不幸になるだけです。
みなさんがこれを読んで嫌なことをできるだけ思い出さないようになればいいなと思います。

広告
YAMAHA

投稿者: YAMAHA

仕事・趣味・美容の三点を爆裂に頑張る女子のブログ。 会社や社会に対してキレがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です