失恋したらとにかく推しを作って!

広告


自分的にお気に入りの立ち直り方法なんですが、失恋したら推しを作ってください。

別に二次元でも三次元でも構いません。
小説・ドラマ・映画・アニメのキャラ、アイドル、俳優、本当に誰でも構いません。
同性でも異性でもOKです。
憧れ・好き・萌え・尊いそんなふうに思える存在は、失恋でどん底状態のあなたの人生をいい方向に変えてくれるでしょう。

推しを作ると以下のような素晴らしい効果があります。
・失恋を忘れることができる
・推しは人生にいい影響を与えてくれる




まず、失恋を忘れることができるについてですが、
推しができたら、新しい恋をしたも同然ですよね。失恋相手のことがどうでもよくなってきませんか?
現実でいろんな異性に会ってもいいのですが、失恋中というのは
「早く相手を見つけなきゃ」とか「寂しいから誰でもいい」等思ってしまい、普段だったら即関わりを切ってしまいたくなるような異性でさえもつながっていようとしてしまうのです。
でも、そういう相手というのは後々思い返すと「なんでこんなやつといるんだっけ?」と思うことも多いものです。
しかし、推しに対してはそんなことはないでしょう。
直接関りを持ったわけでもないのに(人によっては触れられない・人間でさえない等あると思いますが)、好きになってしまうほど魅力的な推し。
そんな推しを思っていた時間をあとから振り返って「あの時間は無駄だった」と思いますか?




また、推しはあなたの人生にいい影響を与えてくれます。
推しの影響で新しい趣味を始める・勉強や美容に力を入れられるとなったらもうあなたの人生は良くなること間違いなしです。
私は、推しの影響で部屋が綺麗になったり、ダイエットを成功させた経験があります。
失恋というのは自分磨きのチャンスなのですが、執念(失恋相手を必ず後悔させたい・失恋相手より絶対にいい相手を捕まえてやる等)で始まってしまうことが多いです。
そんな中、前向きな理由(押しのことを知りたい・推しに近づきたい等)で自分磨きを始めるって素敵じゃないですか?
執念に燃えながら、耽々と努力するのも悪くはありませんが、せっかくの人生ですし、キラキラした考えでいろいろなことを始めたくありませんか?




落ち込んだり、怒ったり、泣いたりという時間ももちろん大切なのですが、
推しとともに良い人生を過ごしてください。

片付けられないオタクの断捨離術


ゴミを溜めるタイプではなかったけど、物がとにかく多い部屋に住んでいました。
貧乏なのもあるけど、物を捨てるのがとにかく苦手でしたね。

そんな片付けられないオタク女でしたが、最近あることを考えながら断捨離をすると捗ることが分かりました。
あること…というのは、推しと住むことを想像して、推しにふさわしいかどうかで考えること!

「推しと同棲するのに、こんなもの持ってけない!」って思ったら捨ててしまう。
「推しはこんなださいもの持たない!」って思ってボロボロの服や全然行ってなかった店のポイントカードなども捨ててしまう。
「推しはこんな汚い部屋には住まない!」と思い、掃除までやってしまう。

もし、推しが部屋が汚いタイプだったら、自分はメイドだと思い込んだほうが片付けは捗るかもしれません。
推しが快適に過ごせるのは、こういう部屋だと思って自分の部屋をどんどんきれいにしてください。

最近、自分の推しているキャラはミニマリストという訳ではないですが、物に執着しなさそうなので、自分も推すからにはふさわしい人間でいたい・いいところを真似したいと思って断捨離から始めてます。

オタクやってたら、いつの間にかきれいな部屋になってたってめっちゃよくないですか? みなさんもぜひやってみてください。

広告

恋愛に向いてない?いやいや、そんなことはないですよ


ファーストフード店で聞いたり、友達からのラインでもよく見かける一言
「うちって恋愛に向ていないかもしれへん~」
について考えようと思います。


「恋愛に向いてないかも~」って思う原因は主に2点だと思っています。
・まだ合う人に会っていないだけ
・自分の人生が充実してないだけ


・まだ合う人に会ってないだけ
合う人ってあんまり良くない言い方かもしれませんが、運命の人って言ったらいいでしょうかね。
今までの人が恋愛に向いていないって思わせてくれるような人だったのは、出会った人の数が少ないからかもしれませんよ。
出会ってない人のほうがいっぱいいます。日本の男にうんざりしたら、海外に出てみるのもいいかもしれません。
また、付き合うまでつながらなかったとしても、出会いを増やしまくって、たくさんの人に会えば、今まで恋愛向いてなかったなと思わせてくれてた人たちのことはどうでもよくなります。

・自分の人生が充実してないだけ
なぜ恋愛に向いてないかも~なんていう悩みが出てくるかというと、自分の人生が充実していないからです。
もし、人生が充実していたら恋愛なんておまけ程度のものだと思えるはずです。
今のあなたの中で普段考えていることの30%が恋愛のことだったら、恋愛が向いていなかったら悩むことでしょう。
しかし、あなたの人生が充実して恋愛のことを1%くらいしか考えてない状態だったら、うまくいかなかったとしても悩みますか?
その他の99%がうまくいってたら何も問題ではないと思うはずですし、その他の部分がうまくいってなかったらそっちを何とかするかと思うはずです。
だから、恋愛が向いていないという悩みを抱えているのは、今の自分の中で恋愛がそこそこ大きいポジションを占めているとちゃんと認識したほうがいいです。
その状態を悪だとまでは言いませんが、他人によって結果が大きく変わってしまうものを人生の中で重視していいんですか?



自分の力で何とかできない・切り開くことができないという状態のものをメインに置くのは本当にいいことなんでしょうか?
恋愛向いてないと思っている人に向けて2点書きましたが、どちらも同じことを伝えたつもりです。
「辛い恋愛のことばかり考えるのはやめましょう」ということです。
幸せな恋愛であれば、いくらでも考えて楽しんでもらって構わないです。
しかし、恋愛に向いてないとずっと悩み続けるのは人生の時間を無駄にしている気がしませんか?
どうか、前を向いて楽しく過ごすようにしてください。

終身雇用もなくなるし、自分のことを考えながら働いたほうがよくない?


平成の終わりに経団連のトップが「終身雇用は維持できない」と宣言しました。
賛否両論でしたが、私はネガティブな予想をしてしまいました。

これ、年功序列はそのままで終身雇用だけ崩壊するっていう感じになるんじゃないですか??
終身雇用制は、すぱっとなくなって、年功序列はなんだかんだ残って、
高賃金なのに無能なおじさんは切られる&若手の給与は結局低いまま。。。で企業が安く労働力を使えるっていう状態になってしまうんじゃないのかなってことを私は心配してます。

今まで新卒で能力が高くても、給与は低い人なんていうのはたくさんいました。
今は給料が低くてものちに絶対上がるっていう年功序列、そしてずっと雇用関係を継続するという終身雇用の2つの暗黙の了解が存在していたからです。


しかし、この「終身雇用無理ぽ」宣言で、終身雇用の約束はなくなってしまいました。
年功序列で給与のあがってきた人間は捨てて、若者は低賃金で使いつぶすなんてことを考えている会社もあるんじゃないでしょうか?

こんなときだからこそ、自分のことを考えて仕事をしてほしいです。
この仕事って自分のためになるか?ただの雑用みたいな仕事ばかりして時間を浪費しているんじゃないか?
この会社にいて、自分の価値はあがるのか?

ずっと同じ会社にいると、その会社での地位というのを気にしますが、
会社がつぶれる・自分が首になったら今までの会社での地位より自分のできることのほうが重視されます。
会社のどうでもいい規則や非効率な手順に詳しくなったところで自分はよそから必要とされる人間になれるでしょうか?

この機会に今一度自分の今行っている仕事は本当に自分のためになるか考えながら働いたほうがいいと思うのです。

今からでもできる効率化


意外と効率化を意識する人って少ないかも…。

これは、就活中でも会社に入ってからでも思うんですが、効率化を意識する人っていうのは少ないように思います。(ネットでは、効率化・情報収集の鬼みたいな人ばかりがいるので、そのように思うことは少ないかもしれませんが)
だから効率化と言うことを意識するとあなたは周りの人より進んだできる人間になれるはずです。
早くから取り組んだら後々大きな差がつきますよ!!




本題の今からでもできる効率化は…
自分が今使っているツールのショートカット調べる!
そしてそれをなるべく多く使うように意識する。
1度でたくさん覚えるのが無理なら1日1個ずつでも全然OK



ショートカットっていうのは、保存(Ctrl+s)とかもとに戻す(Ctrl+z)とかペースト(Ctrl+v)みたいなやつです。
みなさんどれく使用していますか?
そこそこの頻度で使うけど、ショートカットを使わずにマウス操作使って作業しているなんてものもあるんじゃないでしょうか?
そういうのを1つずつマウスじゃなくてショートカットを使用して作業を終わらせてみましょう。
マウスを使わずにキーボードだけで作業を終えれたら大変早く終わります。
そして、これで作業が早く終わることがとても楽しいと感じるはずです。

さらに効率化したいというかたは、ツールを探すということをしてみましょう。
ただ、Googleで検索してみたらいいだけです。探すのが嫌になったらやめて構いません。




さらにさらに効率化したいときは、「この作業めんどくさい!」って思ったら、簡単にできる方法を探すだけです。

「何、当たり前のこと言ってるの?」と突っ込まれた方もいると思いますが、この当たり前のことをやらない人が多いこと、多いこと。
一瞬、考えたらわかりそうなのに、仕事として出されるとそれをとりあえず自分の知っている・できるやり方でやろうとしてしまうものです。
例えば、
・複数のファイルから1つのキーワードを検索するには? (多分効率の悪い人なら一個一個ファイルを開いて検索するはずです)
・画像から文字を起こすには? (これも効率の悪い人なら画像を見て自分で文字を打ち込んでるんじゃないでしょうか)


今や、効率化というのは、エンジニアだけではなくどのような職種でも求められています。
効率化を意識するには、まずは効率化って楽しい!って思えることが一番大切だと思っています。
今まで意識してない人が、いきなり難しいツールやプログラミングをやる必要はありません。
まずは、ショートカットを使いこなすところからでいいのです。
明日から、いや、今日からできますよね。
効率化のはじめの一歩を踏み出してみてください。